ここから本文です

2点差追いつくも メッシ不在のアルゼンチン、最下位ベネズエラとドロー 

SOCCER KING 9月7日(水)10時52分配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第8節が6日に行われ、ベネズエラ代表とアルゼンチン代表が対戦した。

 ベネズエラはW杯南米予選第7節を終えてまだ勝ちがなく、勝ち点1で最下位。一方のアルゼンチンは前節ウルグアイ代表との上位対決を制して、首位に浮上している。しかしながら、ウルグアイ戦で決勝点をマークしたバルセロナに所属するFWリオネル・メッシは負傷のため離脱しており、エース不在の中での一戦となった。

 試合は34分にホームのベネズエラが先制に成功する。エリア付近右でフアンピがボールを受けると、相手DFを2人かわして中央に持ち込む。左足を思い切り良く振りぬくと、ゴール左上に鮮やかに突き刺さった。前半はベネズエラの1点リードで折り返す。

 後半に入って52分、ベネズエラが追加点を挙げる。エリア内左に侵入したマリオ・ロンドンのラストパスを受けたホセフ・マルティネスがGKセルヒオ・ロメロの位置を確認して、冷静にゴール左に流し込んだ。

 2点のビハインドとなったアルゼンチンがすぐさま反撃。58分、エリア内中央でパスを受けたルーカス・プラットが相手DFとボールを取り合いながら右足を振りぬく。ボールはゴール右に決まり、1点差に詰め寄る。

 さらにアルゼンチンは83分、右CKからアンヘル・ディ・マリアが左足で低いクロスを供給する。エリアに中央に飛び込んだニコラス・オタメンディが右足で合わせ、試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま終了し、2-2の引き分けに終わった。ベネズエラは2点のリードを守れず、同予選初勝利とはならず。一方のアルゼンチンは連勝が4でストップしている。

 次節は10月6日、ベネズエラはウルグアイ代表と、アルゼンチンはペルー代表とそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
ベネズエラ代表 2-2 アルゼンチン代表

【得点者】
1-0 34分 フアンピ(ベネズエラ代表)
2-0 52分 ホセフ・マルティネス(ベネズエラ代表)
2-1 58分 ルーカス・プラット(アルゼンチン代表)
2-2 83分 ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン代表)

SOCCER KING

最終更新:9月7日(水)12時0分

SOCCER KING