ここから本文です

シャビ、マフレズのレスター残留を称賛も「バルサに相応しい実力」

SOCCER KING 9月7日(水)12時16分配信

 カタール・スターズリーグのアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビ・エルナンデスが、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズを称賛した。6日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 プレミアリーグの熱狂的ファンとしても知られるシャビだが、昨シーズンのイングランドサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出されたマフレズが最近のお気に入りの選手であるようだ。

 今夏の移籍市場でバルセロナ移籍の噂があったマフレズについて、シャビは「マフレズはバルセロナでプレーするのに相応しい実力を持っている。だが、レスターに残留することを決意してくれて嬉しかったよ」とコメントし、マフレズの残留という決断を支持した。

 続けて、「明らかに彼には色んな選択肢があった。ただ、レスターがあのような偉業を成し遂げた直後に最高の選手を失うことがあれば、それほど残念なことはなかったからね。彼がいるレスターがヨーロッパという舞台でどんな活躍を見せるのかが楽しみだよ」と語り、チャンピオンズリーグでのレスターの活躍に期待を寄せた。

SOCCER KING

最終更新:9月7日(水)12時18分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。