ここから本文です

トップチームへの第一歩? メッシ息子、バルセロナの育成組織に加入か

SOCCER KING 9月7日(水)17時21分配信

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの息子チアゴ君が、同クラブのオフィシャルスクールに加入するようだ。6日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 先日、メッシはアルゼンチンの有名コメディ俳優であるミンゴ氏との対談で、長男のチアゴ君について言及。「チアゴにはたくさんボールを買ってあげるつもりも、サッカーを無理強いするつもりもない。実のところ、彼はそれほど好きそうじゃないんだ」とコメントし、息子がサッカーに興味を示してないことを明かしていた。

 しかしながら、スペインラジオ『カデナ・セル』が報じたところによると、チアゴ君はバルセロナの指導プロジェクトの一環である『FCBEscola mini』に加入する模様。同プロジェクトは3歳から5歳向けのもので、バルセロナのサッカー哲学に基づき、スポーツ教育を行うことを目的としている。ここで学んだ後は『FCBEscola』に昇格し、本格的にサッカーのトレーニングを行うことになる。

 現在4歳で、11月に5歳の誕生日を迎えるチアゴ君。史上最多5度のバロンドールを獲得したメッシの遺伝子を受け継いだ息子は、サッカーの才能を開花させるのだろうか。

SOCCER KING

最終更新:9月7日(水)19時15分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。