ここから本文です

トッテナム、デンマーク代表MFエリクセンと2020年までの新契約を締結

SOCCER KING 9月7日(水)16時53分配信

 トッテナムは6日、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンと新契約を締結したことを発表した。

 2018年6月までトッテナムと契約を結んでいたエリクセン。今回、契約を2年間延長し、2020年までの新契約を締結した。

 現在24歳のエリクセンは2013年にアヤックスからトッテナムに加入。在籍3シーズンで公式戦134試合に出場し、30得点をマークしている。今シーズンのプレミアリーグ第2節のクリスタル・パレス戦では、リーグ100試合出場の節目も迎えていた。

 また、デンマーク代表としても活躍しており、これまで63試合に出場。2013年からデンマークの年間最優秀選手を3年連続で受賞し、史上初の快挙を成し遂げた。

 契約延長に際しエリクセンは、クラブ公式サイトを通じてコメント。「このクラブには素晴らしい将来がある。そう思っていなければ、サインを結ばなかっただろうね。選手とスタッフがしっかりと結びついている素晴らしいグループだ。僕たちはみんな目指す目標への共通理解があるし、成し遂げられることを願っているよ」と、トッテナムと新契約を結んだ理由を明かした。

SOCCER KING

最終更新:9月7日(水)16時56分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。