ここから本文です

ゲッツェ、ブンデス再開戦に出場へ ロイスはチーム練習復帰へ一歩前進 

SOCCER KING 9月7日(水)17時59分配信

 代表ウィーク明けの10日に行われるブンデスリーガ第2節ライプツィヒ戦に向けて、6日からトレーニングを開始したドルトムント。ドイツ代表に参加していたMFマリオ・ゲッツェとMFユリアン・ヴァイグルが合流し、負傷離脱中のFWマルコ・ロイスも練習場に姿をみせた一方で、リオデジャネイロ・オリンピックに参加していたMFスヴェン・ベンダーの姿はみられなかった。ドイツ誌『kicker』日本語版が7日に伝えた。

 トーマス・トゥヘル監督は開幕戦の際に、ベンダーが「軽い負傷を抱えている」ことを明かしていたが、クラブ側の発表によればリオ五輪準決勝のナイジェリア戦でくるぶしに負傷をかかえていたとのこと。今週中に練習復帰の予定ではあるもののライプツィヒ戦は欠場とみられ、14日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のレギア・ワルシャワ戦出場にも大きな疑問符がついているところだ。

 一方で、ドイツ代表に参加していたゲッツェとヴァイグルはチームに合流。自転車でのトレーニングを行ったゲッツェは、今回の代表戦で2試合とも出場したが、ライプツィヒ戦でもオプションとなる模様。

 また負傷によりユーロ2016参加を見送ったロイスは、まだチーム練習参加は果たせていないものの、6日にはスパイクを履き、ボールを使ったトレーニングを行ったという。

SOCCER KING

最終更新:9月7日(水)18時30分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。