ここから本文です

2戦連続不発の香川「最終予選の難しさ感じた」

ゲキサカ 9月7日(水)1時28分配信

[9.6 W杯アジア最終予選 日本2-0タイ バンコク]

 ふがいなかった。日本代表MF香川真司(ドルトムント)は1日のUAE戦(1-2)に続いてフル出場したが、この日も得点に絡めず、不完全燃焼に終わった。

「難しい試合だったけど、チームみんなで勝てて良かった」。この日はセットプレーのキッカーも務めたが、なかなかいい形で攻撃に絡めない。最大のチャンスは後半19分。FW原口元気のスルーパスからゴール前に抜け出し、左足でシュートを打ったが、コースが甘く、GKに弾かれた。

 UAE戦に続いて決定機を生かせず、2試合連続の不発。「そこは課題だし、決めないといけない」と唇をかむ背番号10は「もう終わった試合。やり続けるしかない」と前を向く。UAE戦で両足に打撲を負い、翌日は別調整となるなどコンディションは万全ではなかった。それでも先発起用の期待に応えたかった。

「1試合目を落として、必ず勝たないといけないプレッシャーをみんな感じていた」という完全アウェーの第2戦。高温多湿、劣悪のピッチという悪環境とも戦った。「あらためて最終予選の難しさ、厳しさを感じる2試合だった」。1勝1敗のスタート。「また来月、厳しい2試合が待っている」と表情を引き締めた。

最終更新:9月7日(水)2時57分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。