ここから本文です

ファインセーブあり、あわやのミスあり…西川は完封勝利に安堵

ゲキサカ 9月7日(水)2時3分配信

[9.6 W杯アジア最終予選 日本2-0タイ バンコク]

 直接FKとPKを決められて1-2で敗れた1日のUAE戦から中4日。日本代表GK西川周作(浦和)は2-0の無失点勝利に「集中して試合をやることができた。勝ち点3を取れて良かった」と、ホッとしたような表情を浮かべた。

 ファインセーブもミスもあった。相手の決定機を止めたのは後半25分。タイはMFチャナティプ・ソングラシンのスルーパスにFWティーラシン・デーンダーが反応し、DF吉田麻也と競り合いながらゴール前に抜け出し、右足でシュートを打った。

 タイにとってこの日唯一の決定機。だが、西川が身体を張ってシュートをブロックした。Jリーグの試合でも1対1で無類の強さを誇る守護神がW杯最終予選でも持ち味を発揮した。

「あの場面はこっちが体勢を崩していたらゴールを決められていたと思う。じっと動かずにステイしていたのが良かった。先に動いて決められたUAE戦の反省を生かし、基本を徹底したのが良かった」

 決められていれば同点となる場面でチームを救ったが、後半38分にはPA外に出てボールを処理しようとした際に対応を誤り、警告を受ける場面もあった。

 警告など笛の多い審判として知られるモフセン・トーキー主審だっただけに、主審の手が動いたときは一瞬レッドカードも頭をよぎったというが、出されたカードは黄色。「思った以上にボールが転がるスピードが遅かった。もっと早く詰めていれば問題なかったけど……」と、反省も口をついた。

 それでも最後は最終予選初白星。「UAE戦からタイ戦までの間は切り替えが難しかったし、監督自身も努力して切り替えてきた。ここから這い上がる姿を見てほしい」と逆襲を誓った。

最終更新:9月7日(水)2時58分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]