ここから本文です

ベルギーが3発快勝で好スタート…R・ルカク2発にカラスコがダメ押し弾

ゲキサカ 9月7日(水)9時44分配信

[9.6 ロシアW杯欧州最終予選 キプロス 0-3 ベルギー]

 ロシアW杯欧州最終予選のグループリーグ第1節が6日に行われ、H組ではベルギー代表がキプロス代表のホームに乗り込み、3-0の完封勝利で白星スタートを切った。同組ではボスニア・ヘルツェゴビナがエストニアに5-0、ギリシャがジブラルタルに4-1の快勝を収めている。

 前半13分に早々とベルギーが先制に成功する。左サイドからMFケビン・デ・ブルイネが送ったグラウンダーのクロスをMFエデン・アザールがスルーすると、後方から走り込んだDFトーマス・ムニエがシュート。DFとGKに当たってクロスバーを叩いたものの、こぼれ球をFWロメル・ルカクがダイビングヘッドで押し込んでスコアを1-0とした。

 1-0とベルギーがリードしたまま後半を迎えると、後半16分にはFWヤニック・フェレイラ・カラスコのシュートのこぼれ球を再びR・ルカクがヘッドで押し込んでリードを2点差に広げる。さらに同36分にはデ・ブルイネのミドルシュートのこぼれ球をアザールがつなぎ、最後はカラスコが左足で流し込み、ベルギーが3-0で快勝した。

※写真は9月1日の国際親善試合スペイン戦のスターティングメンバー

最終更新:9月7日(水)9時44分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]