ここから本文です

これぞエース!! ブラジル、ネイマールの1G1Aの活躍でコロンビア撃破

ゲキサカ 9月7日(水)12時40分配信

[9.6 ロシアW杯南米予選 ブラジル 2-1 コロンビア]

 ロシアW杯南米予選の第8節が6日に行われ、ブラジル代表がコロンビア代表をホームに迎え、2-1の勝利を収めて2連勝を飾った。

 試合開始早々に先制したのはホームのブラジルだった。前半2分、FWネイマールが蹴り出したCKをニアサイドのDFミランダが打点の高いヘッドで合わせてネットを揺らし、いきなり1点を先行した。

 攻勢を強めるブラジルが幾度となくコロンビアゴールを脅かすが、GKダビド・オスピナの好守に阻まれてなかなか追加点を奪えない。すると前半36分、MFハメス・ロドリゲスがゴール前に送ったFKがDFマルキーニョスのオウンゴールを誘い、コロンビアが試合を振り出しに戻した。

 1-1のまま迎えた後半、ともに勝ち越しゴールを狙う中、ブラジル代表の背番号10が試合を決める一撃を叩き込む。後半29分、MFコウチーニョのパスをPA左で受けたネイマールがトラップでボールを落ち着かせると、左足で弾道の低いシュートを突き刺し、ブラジルが2-1の勝利を収めた。

最終更新:9月7日(水)12時47分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。