ここから本文です

混戦の南米予選 ウルグアイが首位、ブラジルが2位に浮上…コパ連覇のチリは苦戦続く

ゲキサカ 9/7(水) 14:32配信

 ロシアW杯南米予選の第8節が6日に行われた。FWエジソン・カバーニの2発などでパラグアイに4-0の快勝を収めたウルグアイが、勝ち点を16まで伸ばして首位に浮上した。また、FWネイマールの1ゴール1アシストの活躍でコロンビアを2-1で退けたブラジルが勝ち点15で2位に順位を上げている。

 一方でFWリオネル・メッシを負傷で欠いたアルゼンチンは、最下位ベネズエラに2点を許す苦しい展開の中、試合終盤に追い付いたものの2-2で引き分けて勝ち点1の上積みにとどまり、首位から3位に転落。9位のペルーに1-2で敗れたエクアドルも勝ち点を伸ばせず、4位から5位に順位を落とした。

 昨年、今年とコパ・アメリカを連覇したチリ(写真)は苦戦が続いており、ボリビアと0-0で引き分けて順位は7位のままとなっている。

 第9節は10月6日に行われる。

第8節
ウルグアイ 4-0 パラグアイ
チリ 0-0 ボリビア
ベネズエラ 2-2 アルゼンチン
ブラジル 2-1 コロンビア
ペルー 2-1 エクアドル

1 ウルグアイ(16)+11
2 ブラジル(15)+7
3 アルゼンチン(15)+3
4 コロンビア(13)+2
5 エクアドル(13)+1
6 パラグアイ(12)-2
7 チリ(11)+1
8 ボリビア(7)-4
9 ペルー(7)-7
10 ベネズエラ(2)-12
()内は勝ち点、横は得失点差

最終更新:9/7(水) 14:34

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。