ここから本文です

アーセナル21季目ベンゲル監督の後任に38歳青年監督が浮上

ゲキサカ 9月7日(水)18時44分配信

 アーセナルを率いるアーセン・ベンゲル監督(66)の後任最有力にボーンマスのエディ・ハウ監督(38)が浮上している。

 『メトロ』によると、アーセナルの首脳陣の間ではベンゲル監督の後任についてすでに議論が行われている。その中でハウ監督のボーンマスをプレミア残留に導いた手腕と実直なアプローチを評価する声が多いのだという。

 ハウ監督は1977年11月29日生まれの38歳。現役時代はボーンマスで250試合以上のキャリアを重ね、引退後も2008年からボーンマスで指揮官生活をスタート。11年1月からバーンリーの監督を務めたが、12年10月より再びボーンマスの監督に就任していた。

 ベンゲル監督とアーセナルの契約は今季後に切れることになっている。21シーズン目を迎えたフランス人指揮官には契約延長の可能性ももちろんあるというが、そろそろ後進に道を譲ることも考えないといけない時期に来ているのは事実だ。

 ただ監督を退任した場合でも、すぐにアーセナルを去ることにはならないようだ。クラブはテクニカルディレクターの職を用意する予定だという。

最終更新:9月7日(水)19時39分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。