ここから本文です

伊予市に場外舟券場計画 市「事業者の打診ない」

愛媛新聞ONLINE 9月7日(水)12時10分配信

 愛媛県伊予市湊町の県有埋め立て地で浮上しているボートレースの場外舟券売り場の設置計画について市は6日、「事業者から打診もなく、地元が非公式に動いている状況。現段階で市が関与すべき状況ではない」との認識を示した。6日の市議会本会議で、計画に反対する日野健氏(無所属)の一般質問への答弁で明らかにした。
 6月に地元湊町の区長3人が提出した市への要望書で計画を把握したと説明。国土交通相の設置許可には市長の同意も前提となっており、理事者は「(市が態度を決める際には)周辺住民や隣接自治体などへの十分な説明が必要。状況によっては、議会で協議を願うかもしれない」と述べた。同売り場が市企業誘致促進条例の補助対象には該当しないとの考えも示した。
 日野氏が「湊町地区だけでなく市民全体の意見をくみ取り慎重に対応すべきだ」とただしたのに対し、理事者は国の設置許可要件を引用し「周辺の自治会と関係団体の同意、市議会が反対を議決していないことも条件だ」と答えた。

愛媛新聞社

最終更新:9月7日(水)12時10分

愛媛新聞ONLINE