ここから本文です

中国に打撃、香港立法会選で急進派が勢力拡大-記録的な高投票率

Bloomberg 9月6日(火)15時58分配信

4日に行われた香港立法会(議会)選挙は記録的に高い投票率となり、より急進的な主張を掲げる若手候補が複数当選した。中国は香港の民主化要求への対応で、新たな難題に直面することになる。

今回の選挙は、香港行政長官の民主的な選出方法を求めて2014年に起きた抗議運動以降では最大規模。香港が将来的にも中国の下にあり続けるのかを問う投票実施を支持する候補が少なくとも6人議席を獲得し、民主派の議席数が増加した。立法会の定数は70。街頭占拠が79日間に及んだ14年の運動を指揮した元学生指導者、羅冠聡氏(23)も当選した。

投票率は約58%と、1991年に香港で初の議会直接選挙が行われて以降で最高。深圳大学香港マカオ基本法研究センターの鄒平学ディレクターは、香港の独自性を重視する「本土派」について、「必ずしも全員が香港独立を主張しているわけではないが、香港の利益を何よりも優先し、それが極端になると独立を唱えるようになる。これは中国政府が非常に警戒しているものだ」と述べた。

原題:China Suffers Hong Kong Blow as Voters Elect Young Activists (1)(抜粋)

David Tweed, Natasha Khan

最終更新:9月6日(火)15時58分

Bloomberg