ここから本文です

欧州株:4日ぶりに下落、予想下回る米経済指標で下げに転じる

Bloomberg 9月7日(水)2時18分配信

6日の欧州株式相場はストックス欧州600指数が4営業日ぶりに下落。米供給管理協会(ISM)が発表した8月の非製造業総合景況指数が市場予想に届かず、米経済の強さに対する懸念が浮上した。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.3%安の349.46で取引を終了。一時は0.3%高まで上昇したが、ISM非製造業総合景況指数の発表後に下げに転じた。

バンクハウス・ランプ(デュッセルドルフ)のストラテジスト、ラルフ・ツィマーマン氏は「投資家の間では景気回復に対する期待がある程度積み上がっていたが、いまや指標は別の方向を指している」とし、「これは世界的な下振れリスクを高め、世界経済に対する不安はますます強まっている。市場はファンダメンタルズよりやや先走っていた」と語った。

ストックス600の業種別では、銀行株の下げが最大。エネルギー株も朝方の上昇を消し、下落率2位に沈んだ。

ドイツのDAX指数は一時0.7%高と年初来の下げをほぼ消す水準まで買われたが、上げ幅を縮小して引けた。同国のヘルスケア企業フレゼニウスはスペイン最大の民間病院運営会社であるIDCサルー・ホールディングの買収を発表し、6.4%高と急騰した。

原題:European Stocks Reverse Gains as U.S. Services Data Disappoint(抜粋)

Namitha Jagadeesh, Roxana Zega

最終更新:9月7日(水)2時18分

Bloomberg