ここから本文です

日本株反落、米ISM非製造業の悪化と円高嫌気-金融、素材中心安い

Bloomberg 9月7日(水)8時4分配信

7日の東京株式相場は反落。非製造業活動指数の鈍化を受け米国景気に対する懸念が広がり、米長期金利低下に伴う為替のドル安・円高進行も嫌気された。銀行や保険株など金融セクターが業種別下落率の上位を占め、非鉄金属や鉄鋼など素材株、輸送用機器株も安い。

TOPIXの終値は前日比3.05ポイント(0.2%)安の1349.53と6営業日ぶりに下落、日経平均株価は69円54銭(0.4%)安の1万7012円44銭と3日ぶりに下げた。

三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは、「ジャクソンホール以来、投資家は『すわ米利上げ』とドルのロングポジションを積み上げてきたが、良くない経済データが3回重なり、慌ててポジション解消に動いた」と指摘。米経済指標のトレンドが見極められず、「足元が定まらない」と言う。20、21日の連邦公開市場委員会(FOMC)まで米経済指標に一喜一憂する流れが続き、為替や日本株市場は不安定になるとみている。

米供給管理協会(ISM)が6日に発表した8月の非製造業総合景況指数は、51.4と前月の55.5から大きく低下、2010年2月以来の低水準となった。市場予想の54.9も下回った。同指数は、50が活動の拡大と縮小の境目を示す。統計内容の弱さを受け、米利上げ観測が後退、金利先物市場が織り込む利上げ確率は9月が24%、12月までが52%に低下した。

9月1日のISM製造業総合景況指数、2日の米雇用統計に続き、6日のISM非製造業指数も低調な結果となり、「米景気の先行き楽観論が大きく後退した」と内藤証券の田部井美彦市場調査部長は言う。

6日の米国債は上昇(金利は低下)。海外為替市場ではドル売り・円買いが活発化した流れを受け、きょうのドル・円相場は一時1ドル=101円20銭台と前日の日本株終値時点103円61銭から大きくドル安・円高に振れた。

この日の日本株は、米景気の減速リスクや円高加速が嫌気され、朝方から金融、輸出など時価総額上位セクターを中心に売りが先行。日経平均は朝方に一時178円安の1万6903円まで売られた。その後は、日本の金融政策に対する期待感などから下げ渋り。引け際に一段と戻し、1万7000円の大台を維持して終えた。チャート上は、投資家の長期売買コストである200日移動平均線(1万7008円)を3日連続で上回った。

1/2ページ

最終更新:9月7日(水)15時38分

Bloomberg