ここから本文です

【個別銘柄】保険株が安い、くらコーポ大幅安、楽天や任天堂は高い

Bloomberg 9月7日(水)12時10分配信

7日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

保険株:第一生命保険(8750)は前日比3.9%安の1461円、T&Dホールディングス(8795)は5%安、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(8630)は3%安など。東証1部33業種で下落率1位。経済指標悪化で米国の早期利上げ観測が後退するなか、米長期金利が低下したことで保険会社の運用が厳しくなるとの声が聞かれた。 先週まで保険や銀行が先導して上昇していた調整の動きが出ているとの見方もあった。

くらコーポレーション(2695):8.4%安の4875円。6日発表の2015年11月-16年7月期営業利益は前年同期比13%増の48億9700万円だった。岩井コスモ証券の大西等シニアアナリストは「9カ月決算は業績順調に見えるものの、5-7月期では13%程度の営業減益に落ち込んでいる」と電話取材で述べた。下期の利益減速に懸念が広がった。

楽天(4755):7.2%高の1429円。日本経済新聞社は6日、日経平均銘柄に新規採用すると発表した。定期見直しにより10月3日の算出から入れ替える。大和証券では買い入れインパクトを約4.41日と推定した。一方、除外される日本曹達(4041)は11%安の437円。

任天堂(7974):4.9%高の2万4695円。ジェフリーズ証券は、今期リリース予定のスマートフォン向けアプリ「どうぶつの森」など2タイトル、「ポケモンGO」のアクセサリー、次世代ゲーム機「NX」など複数のカタリストが控えていると指摘し、投資判断「買い」と目標株価3万円を強調した。同証による17年3月期純利益予想を630億円から820億円(会社計画350億円)、来期を980億円から1570億円に増額。

浜松ホトニクス(6965):5.6%安の3035円。SMBC日興証券は投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」に、目標株価を3100円から2600円に下げた。医用機器向けセンサーの技術進歩による需要拡大に一巡感があり安定成長期に入っている上、ウェアラブル端末向け部品への期待が株価に織り込まれているとみられ、株価に割高感があるとみる。

1/2ページ

最終更新:9月7日(水)15時47分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]