ここから本文です

台湾ドル大幅高、「アイフォーン7」が押し上げ-2011年以来の上昇率

Bloomberg 9月7日(水)14時21分配信

台湾ドルは7日、米ドルに対して上昇。この3日間の値上がり率はこのままいけば5年ぶりの大きさとなる。米アップルが同日のイベントで「iPhone(アイフォーン)7」を発表するとの観測が広がる中、アップルへの部品供給や受託生産を手掛ける台湾上場企業の株式に域外から資金が流入している。

台湾ドルは現地時間午前10時45分(日本時間同11時45分)現在、0.5%高の1米ドル=31.272台湾ドル。今週に入ってからの上昇率は1.4%となった。

台湾株式市場の指標である加権指数は前日比0.7%上昇し、2015年7月以来の高値。アップルの主要なサプライヤーである台湾積体電路製造(TSMC)や、アイフォーン生産を手掛ける鴻海精密工業を中心に買われている。

原題:Taiwan’s Dollar Rallies Most Since 2011 Before iPhone 7 Release(抜粋)

Kyoungwha Kim

最終更新:9月7日(水)14時21分

Bloomberg