ここから本文です

ウェアラブル市場、Fitbitがアップルを圧倒--ベーシックが人気

CNET Japan 9月7日(水)10時5分配信

 ウェアラブルをめぐる戦いでは、フィットネスバンドのようなシンプルなウェアラブル機器が、高性能のスマートウォッチを圧倒していると、市場調査会社が発表した。

 IDCによると、ウェアラブル業界におけるFitbitの「優位は変わっていない」という。ウェアラブル市場全体では、2016年4-6月期は前年同期比で26.1%成長した。

 ただし、業績が好調なのは、価格の手頃なエクササイズトラッカーなどの「ベーシックなウェアラブル」だという。すべてのウェアラブル機器の出荷数に占める割合は、この3カ月で83%近くに上ったと、IDCは述べている。その一方、「Apple Watch」のような高機能の製品は不振で、サードパーティー製アプリをサポートするウェアラブルの数は対前年同期比で27.2%の減少となっている。

 IDCによると、Appleの出荷数は減少しているが、その主な原因は、最初のモデルが発売されてから1周年を迎えた2016年春に、新しいApple Watchが登場しなかったことだという。Appleが米国時間9月7日に開催予定のイベントで、新しい「iPhone」が発表されることはほぼ間違いないが、改良されたApple Watchも登場する可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:9月7日(水)10時5分

CNET Japan