ここから本文です

ノラ・ジョーンズ、東京で新作『デイ・ブレイクス』ショウケース・ライヴを開催

CDジャーナル 9/8(木) 17:12配信

 9月7日(水)、来日中のノラ・ジョーンズ(Norah Jones)が東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて、10月5日(水)にリリースされるニュー・アルバム『デイ・ブレイクス』のショウケース・ライヴを開催しました。アルバム予約者から抽選で選ばれたファン、また国内外の関係者含めて約250名の観客がスペシャルな一夜に招かれました。

 英語で「来てくれてありがとう」とピアノに向かうと、「新しいアルバムから演奏します」と客席に語り、アルバム・リード曲「キャリー・オン」からショウをスタートしたノラ・ジョーンズ。「ブルーノートで演奏するのは初めて。とてもよい感じね」と語り、バンド・メンバーの日本人ミュージシャン、みどりん(dr / SOIL & “PIMP”SESSIONS)、小泉P克人(b)を観客に紹介。数日前の来日後に初めて顔を合わせ、リハーサルをしたばかりとは思えない、息の合った演奏を披露しました。 

 『デイ・ブレイクス』からの楽曲5曲を聴かせた後、「友達が東京に来ていて、彼は明日キャンディス・スプリングスのライヴに出るんだけど」と、サプライズ・ゲストのジェシー・ハリスをステージに呼び込み、ハリスが作曲したノラの代表曲「ドント・ノー・ホワイ」を共に演奏。トレードマークの“スモーキー・ヴォイス”で客席を魅了しました。

 また、9月9日(金)にはテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」に生出演することが決定。貴重なパフォーマンスとなりそうです。

最終更新:9/8(木) 17:12

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]