ここから本文です

【UFC】ヘビー級王座に挑むアリスター、完全アウェーはむしろ歓迎

イーファイト 9月8日(木)11時44分配信

 9月10日(土・現地時間)アメリカ・オハイオ州クリーブランドのクイックン・ローンズ・アリーナで開催されるMMA(総合格闘技)イベント『UFC 203』にて、UFCヘビー級王者スティペ・ミオシッチ(アメリカ)に挑戦する同級3位アリスター・オーフレイム(オランダ)が、現地メディアのインタビューに応えている。
 
 アリスターは「自分のキャリアにとって素晴らしい栄光になるだろう。9月10日に新たな歴史が作られる。最も輝かしいヘビー級タイトルになるだろう」と王座奪取に自信を見せた。

【フォト】ファブリシオ・ヴェウドゥムにKO勝利で王座に就いたミオシッチ

 大会が開催されるオハイオ州クリーブランドはミオシッチの地元であるため、アリスターにとっては完全アウェーが予想されるが、「その状況を自分がどう捉えるかに依ると思う。過去にロシアで戦った時も完全アウェーだった。でも、俺はアウェーの空気を自分のエネルギーやモチベーションに変えることが出来る」と、むしろアウェーの雰囲気が有利に働くと考えている。

 さらに「彼(ミオシッチ)の方がプレッシャーを感じていると思う。観客は彼に何かを期待しているはずだし、彼もその役目を果たさなければと思っているだろう。それが自分には有利になる」と、ミオシッチにとってホームの重圧が仇になると話した。

 アリスターはこれまでにK-1やStrikeforceといった団体で王座に就いたが、UFCでのタイトルマッチは今回が初めて。試合に向けて、「いつも昨日の自分より良いファイターになるという思いでトレーニングしている。特に最近は、これまで以上に自分の進化を感じている。この試合のために自分が蓄えてきたものを見せたい」と意気込みを話した。

 ミルコ・クロコップもマーク・ハントも成し遂げていない史上初のUFC&K-1のダブル制覇なるか。

最終更新:9月8日(木)11時44分

イーファイト