ここから本文です

ウッズが来月のツアー開幕戦に出場へ 1年2カ月ぶり復帰

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月8日(木)1時55分配信

腰の故障で昨年秋から戦列を離れているタイガー・ウッズが10月13日(木)に開幕する2016-17年シーズンの初戦「セーフウェイオープン」で復帰する意欲を示した。7日(水)に自身の公式ホームページで明らかにした。

【画像】苦悩の中でもこの表情-ウッズがツアーに戻ってくる

ウッズはサイト上で「僕のリハビリは問題なく計画を練ることができる段階に達したが、まだ終わりではない。プレーできるかどうかは、このまま継続して回復の具合による」と現在のコンディションを説明。「しっかり準備できることを望んでいる。僕の基金のイベント、セーフウェイオープンのためにカリフォルニアに行くことを楽しみにしている」とした。

「セーフウェイオープン」のほか、11月の欧州ツアー「トルコ航空オープン」(トルコ・レグナムカーヤゴルフ)、自身のホスト大会である12月のツアー外競技「ヒーローワールドチャレンジ」(1~4日/バハマ・アルバニー・チャンピオンシップコース)への出場を予定しているという。

昨年8月の「ウィンダム選手権」を最後にツアーから離れたウッズは、10月に背中から腰にかけてマイクロディスク切除手術を受け、治療とリハビリを続けてきた。米ツアーの2015-16年シーズンの出場はゼロ。16年はキャリアで初めて4大メジャーをすべて欠場した。

春先に自身が設計したコースのセレモニーなど数回のイベントには参加したが、ツアー復帰の時期は何度も先送りしてきたウッズ。それでも「大事な試合を欠場してきたのは、難しいことだったが、今回に関しては回復を急がなかったのは賢明だったと思う」と我慢を続けてきた。

「こどもの(長女)サムや(長男)チャーリーと一緒に大切な時間を過ごせたこと、コース設計、基金の20周年や、1997年のマスターズに関する著書といった多くのプロジェクトに関わり、貴重な時間を過ごせた。でも試合で戦うことはできなかったんだ。心配してくれたすべてのファンや関係者に感謝したい。ことしでプロになって20年。みなさんのサポートはいまも決して色あせていない」と、支えてくれた多くの人々に応えるつもりだ。

最終更新:9月8日(木)7時51分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]