ここから本文です

LINE LIVE、一般ユーザーへライブ配信機能を開始しWAU620万人・MAU1,900万人を突破

MarkeZine 9/8(木) 8:00配信

LINE LIVE、一般ユーザーへライブ配信機能を開始しWAU620万人・MAU1,900万人を突破

一般ユーザーによるライブ配信例

 LINEは、同社が運営するライブ動画配信プラットフォーム「LINE LIVE」において、8月10日に一般ユーザーへライブ配信機能を開放後、8月14日から20日の7日間でのウィークリーアクティブユーザー(週間利用者数)が620万人を突破、8月のマンスリーアクティブユーザー(月間利用者数)が1,900万人を突破したことを発表した。

【写真・画像】「LINE LIVE」視聴者のユーザー属性

一般ユーザーによるライブ配信例 一般ユーザーへのライブ配信機能を開放後、特に若年層の女性が積極的に配信している様子が見られ、配信のテーマも音楽やトーク、旅といった多岐のジャンルに及んでいる。また、顔にアニメーションの加工を施す「LIVEスタンプ」の使用や「ギフトアイテム」により、配信者と視聴者間での積極的なコミュニケーションが創出されているようだ。

 なお、「LINE LIVE」ではユーザーの要望により、8月末より1回のライブ配信時間を当初の30分から1時間までに延長。アーカイブの保存期限も30日間から無期限へと変更した。加えて、配信スコアに応じて付与されるポイントの付与期間も短縮する予定。

 ちなみに、「LINE LIVE」視聴者のユーザー属性は、男女比が男性:女性=43%:57%。年齢層は24歳以下のユーザーの割合が47%となっている。

「LINE LIVE」視聴者のユーザー属性

最終更新:9/8(木) 8:00

MarkeZine