ここから本文です

まさかの!「BONES」ブレナンの元カレ再登場

シネマトゥデイ 9月8日(木)4時30分配信

 テレビドラマ「BONES」の第2シーズンに登場したテンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)の恋人サリーが最終シーズンに戻ってくるという。

【他写真】「BONES」エミリー・デシャネル

 FBI捜査官ティム・“サリー”・サリヴァンを演じたエディ・マクリントックはTwitterで、「『BONES』ファンのみんな。第2シーズンのサリー役で再登場することが正式に決まった! 光栄だ」と出演報告をしている。

 サリーは、FBI捜査官シーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)がカウンセリングを受けるために第一線を退いていた際にブレナンとパートナーを組んだ相手だ。4エピソードしか登場していないが、その間に二人の仲は急速に発展。しかし、ブレナンは“テンペランス”と名付けられた彼のボートで一緒にカリブ海に行くことを断り、その理由にブースの存在がにおわされたストーリーになっていた。それ以来、話題に上ることはなかった人物だったため、どういうストーリーで再び顔を出すのかが楽しみだ。

 「BONES」の最終シーズンは2017年初めにはアメリカで放送がスタートする予定。(澤田理沙)

最終更新:9月8日(木)4時30分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。