ここから本文です

CUBERS、最新MV「Forever」はドキュメントタッチ

音楽ナタリー 9月8日(木)0時0分配信

CUBERSの新曲「Forever」のミュージックビデオが、YouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「Forever」は、本日9月8日にリリースされた彼らの1stアルバム「PLAY LIST」に収録されているナンバー。MVの監督はこれまでの映像と同じく加藤マニが担当した。今回のMVはメンバーが海岸沿いでゴミ拾いをしている姿を収めたドキュメントタッチの作品に仕上げられており、加藤はこの映像について「4本目の今回はほぼ無演出、みんなで海に行って自由にゴミを拾う様子+αで構成しました。曲をくちずさんでもらいながらの撮影ではありましたが、メンバーの自然な表情が多く撮れたのではないかなと思っています」とコメントしている。

CUBERS コメント
TAKA
今作のMVでは海岸でゴミ拾いということで、これまでのMVではコンテがあって、それに対してどうアプローチしていくかっといった感じでしたが、今作は一番“素”を出せたと思います。


「海でゴミ拾いするよ」とマネージャーさんに言われて、どういう作品になるんだろうと思いながらロケ地に行ったのですが、予想以上にゴミが落ちていて、拾うのに必死であっという間に撮影が終わっていました。楽しかったです。

春斗
今回リップシンクはほとんどなく、当日も楽屋でしゃべっているかのようなテンションで意気込まずリラックスして撮影できました。とっても好きなMVです!

綾介
僕ら週5~6でメンバーと過ごしているのに、ずっと話題が尽きなくて、毎日、修学旅行しているような感覚で笑。そういったステージではないCUBERSみたいなのも、このMVで感じ取ってもらえればと思いました。あとゴミ拾って良い気分になりました笑。

末吉9太郎
ForeverのMVは、演じるとかそういったもの省いて、力を抜くことを意識しました。Cメロでカメラ抜かれるので、切ない9太郎をお楽しみください。2:01~大変お気に入りですwww
音霊で海に行きましたが、ライブでバタバタしていたので、今回ゆっくりロケを楽しめて良かったです。良い思い出になりました。

加藤マニ コメント
ドキュメントタッチのビデオはどうしても撮影者と被写体との距離感が如実に出るので、お互いに慣れてからの方が表情や行動に余裕が出て伸びやかになるという持論があり、ついに4本目の今回はほぼ無演出、みんなで海に行って自由にゴミを拾う様子+αで構成しました。曲をくちずさんでもらいながらの撮影ではありましたが、メンバーの自然な表情が多く撮れたのではないかなと思っています。

最終更新:9月8日(木)0時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。