ここから本文です

子どものSNS、安全策は 「バカ」「KY」…LINE2万語、受信で親に通知

朝日新聞デジタル 9月8日(木)5時30分配信 (有料記事)

 気軽に会話ができる一方、いじめや犯罪につながる恐れも指摘される「LINE(ライン)」などのSNS。スマートフォンの利用が子どもの間でも広がるなか、危険を減らす取り組みが出てきている。

 ■いじめ・犯罪、発見目指す
 「バカ」「KY(「空気が読めない」の意味)」などを含むメッセージが来たら親に通知――。千葉県柏市は、こんなLINE監視機能があるスマホ用アプリに注目した。今年4~7月、実証実験を目的に、希望する中学1年生の保護者が無料で使えるようにした。
 アプリはITベンチャー「エースチャイルド」(東京都)が開発した「Filii(フィリー)」。……本文:3,341文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月8日(木)5時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。