ここから本文です

『ミュージアム』“カエル男”が仕掛けるアナザーストーリーを製作! 三浦誠己ら新たなチームで挑む

cinemacafe.net 9/8(木) 8:00配信

小栗旬と『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督の史上最強のタッグが実現した映画『ミュージアム』。この度、本作に登場する“カエル男”が仕掛けるアナザーストーリー「ミュージアム -序章-」が新たなスタッフ・キャストで製作されることが決定。WOWOWほかで配信&放送されるようだ。

【画像】『ミュージアム』

様々な殺人事件を取材するジャーナリスト・九堂仁(三浦誠己)は、3年前の「幼女樹脂詰め殺人事件」に冤罪見解を持ち、取材に奔走する日々を過ごす。そんなある晩、取材中に突然背後から現れたカエルマスクの男にメモを渡される。そこには「事件の秘密を教える。自宅に戻れ。」の文言が。急いで帰宅すると、いるはずの娘・伊織(川島鈴遥)がいない。伊織の机上には「これをつけろ」というメモと共に見知らぬ携帯とイヤホン。訳も分からず装着し電話に出ると、画面には拘束された娘と先ほどのカエル男が! 娘を救う為にはカエル男が指示することを全て遂行し、かつその様子を撮影しなければならないという。次々に下される理不尽な指示に追い詰められていく九堂。果たして九堂は娘を無事助け出すことができるのか? そして、カエル男の真の目的とは…?

今回描かれるのは、劇中に登場するシリアルキラー“カエル男”が仕掛けたもうひとつの作品「殺人」をオリジナルで構成し、映画とは別の新たなスタッフ・キャストで製作するアナザーストーリー。WOWOWメンバーズオンデマンドと「GYAO!」では、本作を全4話(各約15分)に渡って配信し、WOWOWシネマではそれらを再編集し1本化したものを放送(56分)する予定だ。

雨の日に決まって起きる連続猟奇殺人事件。犯人は、”私刑”という名目で雨の日のみに冷酷な殺人を行うカエルのマスクを被った“殺人アーティスト”・カエル男。彼はターゲットを緻密に観察し、計画し、準備をし、殺人を実行。そして犯行現場に謎のメモを残し、それらをアート作品として掲げ、悦に浸る。アナザーストーリーとなる本作では、映画「ミュージアム」以前に仕掛けた“私刑”を明らかにし、カエル男の猟奇性をより浮き彫りにしていく。

本作の監督には、『貞子vs伽椰子』の白石晃士。元々フェイクドキュメンタリー形式の撮影手法を得意とし、これまでにも「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズなどで臨場感あるスリリングな展開を体現してきた人物だ。本作もPOV(主観映像)を取り入れており、ライブ感あるカメラワークが実現している。

そして、主演を務めるのは近年名バイプレイヤーとして映画やドラマに引っ張りだこの三浦誠己。カエル男に翻弄されるターゲット・九堂役を好演する。お笑いから俳優へと転向した異色の経歴の持ち主だが、本年も『64‐ロクヨン‐前編/後編』『ディストラクションベイビーズ』『秘密 THE TOP SECRET』など話題作に続々と出演している。そのほかにも、川島鈴遥、森田想、細川佳央、河屋秀俊、中野英樹、奥野瑛太、宇野祥平などが出演している。

撮影時に苦労したことを「全部です(笑)」と語った三浦さん。中でも一番苦労したのは、「リアルと最低限の説明条件のサジ加減を、どの辺にするかという部分」と話し、役柄については、「予定調和にならないように、少し危険で投げやりな、破壊的な匂いを残しながら愛情深い男にしたいなと努めました。最後の最期まで読めなくなってると思います」とコメント。また、「現代の我々はたくさんの映像に触れています。言い方を変えれば、現代の我々はたくさんの映像に侵されています。自撮り、盗撮、ドキュメント、ニュース映像、ドラマ、映画など。演技においての方向性やジャンルも多岐に渡ってきました。まず、いま現在、映像作品に侵されていて、演技に侵されて暮らしていることを皆様が感じて観て頂けたら嬉しいです。コレは挑戦映像作品です。ぜひ!」と力強いメッセージを寄せた。

さらに、今回は白石監督が得意とするPOV形式を取り入れた内容も明らかになる本作の予告編も同時に到着。映像では、カエル男があらゆる場所に仕掛けたカメラ、そして主人公が劇中で撮影を強いられた手持ちカメラ、様々な目線で見せる映像からはカエル男の狂気とゲーム性を帯びた臨場感が伝わる戦慄の仕上がりになっている。さらに本作だけで描かれる“私刑”「親子愛の刑」が垣間見え、カエル男のターゲットとなった親子の果てには凄惨な姿を予感させる予告編となっている。

「ミュージアム -序章-」は10月1日(土)WOWOWメンバーズオンデマンド先行無料配信開始、13日(木)21時~WOWOWシネマにて無料放送、14日(金)GYAO!にて配信開始。

映画『ミュージアム』は11月12日(土)より全国にて公開。

最終更新:9/8(木) 8:00

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革