ここから本文です

『ブレイブルー セントラルフィクション』“滅日”を待つだけの未来、世界は“鳥篭”(エンブリオ)の中で“蒼”(ユメ)を見る

ファミ通.com 9/8(木) 0:02配信

●ストーリーモードの新情報が続々
 アークシステムワークスは、週刊ファミ通2016年9月22日号(2016年9月8日発売)にて、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ブレイブルー セントラルフィクション』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。

----------

 2008年から続く人気対戦格闘ゲームシリーズの最新作である、『ブレイブルー セントラルフィクション』。その最新情報が到着! 今回は、 主人公ラグナを中心とした“蒼の物語”がついに完結を迎える、ストーリーモードの続報をお届けする。本作の物語の注目ポイントとともに多数のゲーム画面を掲載するので、お見逃しなく!!

■ストーリーのポイント1:ラグナの行動
 「資格者の願望を食い殺す」と発言するラグナ。“資格者”とは本作の登場人物のことだが、いったいどのような目的で闘っているのか?

■ストーリーのポイント2
 食事を取るラグナとタオカカ。このワンシーンは、シリーズ第1作の展開と酷似している。知り合いであるはずのふたりが、なぜ初対面であるかのように会話しているのか。その謎も、物語の重要なカギになる。

●PlayStation Storeのプレオーダーにご注目!!
 プレイステーション4用のダウンロード版を予約購入すると、さまざまな特典が無料で手に入るキャンペーンがスタート。 プレオーダーすれば、体験版がすぐにダウンロードでき、本作の一部を体験できる点は見逃せない。いますぐ予約!

特典1:体験版がいますぐ遊べる
アーケードモード、 トレーニングモード、VSモードが遊べる体験版がダウンロードできる。

特典2:追加カラーのダウンロード権が付属
プレイステーション4本体をモチーフにしたキャラクターカラーのダウンロード権がついてくる。

特典3:新キャラクターEs(エス)を入手
プレオーダーすれば、販売価格800円[税込]の追加キャラクター、Es(エス)が無料で手に入る。

※詳しくは週刊ファミ通2016年9月22日号(2016年9月8日発売)をチェック

ブレイブルー セントラルフィクション
メーカー:アークシステムワークス
対応機種:プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日:2016年10月6日発売予定
価格:各6800円[税抜](各7344円[税込])
ジャンル:対戦格闘

最終更新:9/8(木) 0:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]