ここから本文です

練習ラウンドは“歩いただけ” 1球も打たなかった武尾咲希の目的

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/8(木) 18:57配信

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(8日)◇登別カントリー倶楽部(北海道)◇6750yd(パー72)

難コース登別!女子プロ選手権コニカミノルタ杯フォトギャラリー

今週を含む直近7試合のうち、5試合で初日にトップ10スタートを切っている選手がいる。この日12位発進のイ・ボミ(韓国)ではない。昨年プロテストに合格したばかりの武尾咲希だ。2バーディ、2ボギーの「72」で今週も7位と“定位置”で滑り出した。

それでも、トップ10スタートのうち1試合を除いて、日を追うごとに順位を落とし、最終日を終えたときの最高位は31位。「疲れているんじゃない?」と、先週同宿となった所属先(ゴルフ5)の仲間、穴井詩に指摘された。

だから、今は体力温存を最優先に考えている。メジャー大会を前にしても「火曜日はアウト9ホールをアプローチとパターだけ。昨日はインを歩いただけ」と、練習ラウンドでは一球もティショットを打たなかった。「それがどうつながるか、自分でもよく分からないですけど(笑)」。

4日間大会の長丁場だが、登別の温泉宿に宿泊しており、疲労回復には絶好の環境だ。「でも、お湯が熱くて、あんまり長く入れないんです」というのが、ささやかな悩みなのだが…。(北海道登別市/今岡涼太)

最終更新:9/8(木) 18:57

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)