ここから本文です

「うなぎパイ」でそそり立つネット 「JR名古屋駅から消えた」問題を動かす

J-CASTニュース 9月8日(木)17時4分配信

 JR名古屋駅構内の売店での販売が取りやめになっていた、浜名湖名産の銘菓「うなぎパイ」が「復活」する見通しとなった。

 JR東海の子会社で、駅構内の売店を運営する東海キヨスクと、うなぎパイの製造・販売元の春華堂(静岡県浜松市)が販売再開に向けて協議を進めている。

■春華堂のブランドサイト、通常の3倍のアクセスが殺到

 「うなぎパイ」は、静岡県浜松市の「春華堂」が製造・販売する。地元・JR浜松駅に新幹線「のぞみ」号が停車しないこともあり、JR名古屋駅でも販売。「夜のお菓子」のキャッチコピーで知られ、売店でも人気のおみやげ品の一つだった。

 ところが、東海キヨスクが「地元の名産品を置きたいことや、他のおみやげ品との兼ね合いや販売状況などを勘案した」ことを理由に、JR名古屋駅のホームなどにある売店での販売を、2016年2月から順次取りやめていた。

 これに対して、ツイッターをはじめ、インターネットでは販売再開を求める声が多く寄せられた。

  「売ればいいじゃん。もはや『うなぎパイ』は名古屋みやげでしょwww」
  「JR名古屋駅、『赤福』はあるけど(うなぎパイは)ないわ。これはしっくりこんな」
  「なんでよ。売れてなかったわけでもなかろうに... やっぱなんかあったんか」
  「『うなぎパイ』好きです。販売してください」

といった具合だ。

 両社にも直接、問い合わせが殺到した。春華堂は「4月の休止後の反響は予想以上に大きく、多くのお客様から名古屋駅でも購入したいとの声が多く寄せられていました」という。

 うなぎパイの「販売休止」の報道が広がった9月以降には、「1日15件ほど、直接お電話をいただいたり、ブランドサイトのほうには通常の3倍ものアクセスが全国から寄せられたりしました」と、さらに「販売再開」を望む声が寄せられた。東海キオスクも、「ソーシャルメディアを通じて、かなりの反響がありました。(直接問い合わせがあったケースも)なかったわけではありません」と、その反響の大きさに驚いた。

 9月2日には、J-CASTニュースが「『うなぎパイ』がJR名古屋駅から消えた 「赤福」まだ売っているのに何故だ?」の記事を配信している。

1/2ページ

最終更新:9月8日(木)19時12分

J-CASTニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]