ここから本文です

<PS4>ハイエンドモデル「Pro」11月10日発売 4K対応

まんたんウェブ 9/8(木) 6:38配信

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは8日、映像処理能力をアップし、4Kの画質に対応したハイエンドモデルの「プレイステーション4Pro(プロ)」を11月10日に4万4980円(税抜き)で発売することを明らかにした。

【写真特集】PS4版「ドラクエ」がすごすぎる 3DS版と徹底比較も

 PS4プロは、縦が約30センチ、横が約33センチ、高さが約6センチで、ハードディスクの容量は1テラバイト。ゲーム機の飛躍的な性能強化を図り、これまで以上により精密な映像表現が再現可能になる。4K対応テレビでは、全てのPS4用ソフトが対応するほか、NetflixやYouTubeなどの4Kストリーミングサービスにも対応する。

 フルハイビジョンテレビでも、PS4全てのゲームソフトを1080pで出力し、一部の対応ソフトでは一段とゲームの映像表現が向上する。さらに次世代テレビの普及を見越して、映像の明暗部に加えて、より広範囲な色幅の再現を可能にするハイダイナミックレンジ (HDR)映像技術にも対応する。

 USBポートは、前面の二つに加えて背面にも一つ設けて、10月に発売されるPS4専用のヘッドマウントディスプレー「プレイステーションVR」がより使いやすい環境を整える。

最終更新:9/8(木) 15:45

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]