ここから本文です

神戸のホテル客室でアートマルシェ 台湾のギャラリーが初出展 /兵庫

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)7時0分配信

 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区波止場町)13階で9月30日~10月2日、ホテルアートフェア「神戸アートマルシェ2016」が開催される。(神戸経済新聞)

「神戸アートマルシェ2015」展示より

 2009年、ホテルアートフェアとして始まった同イベントは今年で8回目。日本全国から29ギャラリーが出展し、プロのギャラリストの目で選び抜いた絵画、工芸、現代美術など幅広いジャンルのアート作品を展示販売。毎年2500~3000人が来場する。

 当日は、事前の公募で入選した5人の作家によるアーティスト支援プロジェクト「ARTIST meets GALLERY」のほか、神戸の協賛企業の協力で実現した日本一の酒所・灘五郷の銘酒を楽しむ「ART meets SAKE」、アーマッドティーを楽しむ「AHMAD TEA LOUNGE」なども展開する。

 初日は、ハーバーランド煉瓦(れんが)倉庫北棟にある「Goodays Department(グッデイズデパートメント)」(東川崎町1)でレセプションパーティー「KOBE ART NIGHT」も開催。開催時間は20時~22時。料金は6,000円。

 関連企画として元町映画館では、「ヴィヴィアンマイヤーを探して」(9月24日~30日)を上映。映画半券提示で「神戸アートマルシェ2016」が入場無料となり、「神戸アートマルシェ2016」の招待券提示で映画の鑑賞料が500円引きとなる。

 実行委員長の川田泰さん(川田画廊)は「今回は台湾のギャラリーが初出展することになり、台湾のアート業界でも話題のアートフェアとなった。台湾からのアート関係者とお客さまを巻き込み、ますます成長する神戸アートマルシェにご期待いただきたい」と話す。

 開催時間は11時~19時。入場料は1,000円(3日間通し券)。問い合わせはサコダアートギャラリー内神戸アートマルシェ事務局(TEL 0798-66-0667)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)7時0分

みんなの経済新聞ネットワーク