ここから本文です

「iPhone 7」でモバイルSuicaを使う方法

アスキー 9月8日(木)5時15分配信

9月16日発売の「iPhone 7」シリーズにはSuicaが使えるApple Payが組み込まれており、10月下旬からモバイルSuicaが利用可能に。モバイルSuicaの利用方法をチェックしよう。

 9月16日発売の「iPhone 7」シリーズと「Apple Watch Series 2」はSuica対応のApple Payが組み込まれており、10月下旬からモバイルSuicaが利用できるようになる。
 
 「iPhone 7」と「Apple Watch Series 2」はApple Payを使ってSuicaやクレジットカード、プリペイドカードなどをWalletアプリケーションに入れておくことができる。
 
 Apple PayでモバイルSuicaを使うには、まずiPhone 7をSuicaカードかSuica定期券の上に置き、カードの情報をiPhone 7に転送する必要がある。転送が完了するとカードは持ち歩かなくてよく、設定したクレジットカードを使ってWalletの中で直接Suicaにチャージできるほか、Suica定期券の更新も可能。
 
 Apple Payに設定したクレジットカードやプリペイドカードはQUICPayまたはiDとして割り当てられるため、全国の店舗で支払いに利用可能。なお「Apple Watch Series 1」はモバイルSuicaや非接触での店舗での支払いには非対応だ。
 
 
文● 南田ゴウ

最終更新:9月23日(金)22時54分

アスキー