ここから本文です

「これで負けたらごめんなさい」成田美寿々の“らしくない”ゴルフ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月8日(木)19時10分配信

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(8日)◇登別カントリー倶楽部(北海道)◇6750yd(パー72)

難コース登別!女子プロ選手権コニカミノルタ杯フォトギャラリー

パー3を除く全14回のティショットで、この日、成田美寿々が1Wを握ったのはわずか4回だった。「絶対ラフに入れちゃいけないっていうマネジメント」で、3バーディ、2ボギーの「71」。1アンダー5位で初日を終え「難しさを楽しめた」と満足そうに振り返った。

「1Wで行きたいという衝動に駆られないくらいラフが長い」と評する登別CCのメジャーセッティング。「フェアウェイを絞ってあるところまでいかないように」と、徹底的にフェアウェイの広い場所へと刻んでいった。

「2打目で160~180yd残るけど、しっかり載せてパーでしのいで、来るべきチャンスをじっくり待つという私らしくないゴルフです」と苦笑。だか、そんな“らしくない”ゴルフができた分、自身の成長も感じられて「楽しかった」という。

この日の1アンダーというスコアも狙い通りだ。「1日1アンダーで勝てると思う」と成田は言う。「それで負けたら仕方ない。ごめんなさいです」。やるべきことは、シンプルだ。(北海道登別市/今岡涼太)

最終更新:9月8日(木)19時10分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)