ここから本文です

選手コメント集/日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 初日

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月8日(木)19時41分配信

■藤田光里 4バーディ、2ボギー「70」 2アンダー3位
「まさかアンダーで回れるとは思っていなかった。ラフに入らなければ+3、入ったら+5くらいと思っていた。ショットはドローが出なくなって悩んでいたけど、逆に真っ直ぐの球が打てるんだって、気を落とさずにプレーできた。先週、大西葵ちゃんと練習ラウンドをして『真っ直ぐ飛んでいるからいいんじゃない?』って言われて、気持ちが楽になりました。登別は初めて来たし、家から120kmくらいあるので地元感はあんまりないです。北海道ってちょっと広いんです(笑)」

■鈴木愛 3バーディ、2ボギー、1ダブルボギー「73」 1オーバー12位
「(7番のダボは)グリーン横のラフから全然球が見えなくて、どうなるのかと思って思い切り振ったら飛んで奧のラフに行って、次も1ピンショートして…。11番、14番は1mのパットを外してしまった。今日はショートパットがキーだと思っていて、コースが難しいし、数少ないチャンスを外したのが痛かったです」

■イ・ボミ 1ボギー「73」 1オーバー12位
「(バーディがなかったですね)はい。でも、ラフに5回入ってボギーが1個というのはすごくうれしい。ラフに入ると、長いクラブでグリーンを狙うのは難しいです。最後バーディがほしかったけど、1日イーブンで回ったら最高だと思うし、今日はフェアウェイキープ10回ならいいと思っていたので、天気も悪かったし1オーバーは満足です」

■笠りつ子 1バーディ、4ボギー「75」 3オーバー36位
「今日はパットのタッチが合わなかった。グリーンは激重(げきおも)でした。エッジからショートが多かった。タッチを合わせないことには仕方ないので、この後しっかり練習します」

最終更新:9月8日(木)23時8分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]