ここから本文です

Apple PayがQUICPay・iD加盟店にて10月からiPhone 7で利用可能に

アスキー 9月8日(木)5時55分配信

JCBと三井住友カードは、それぞれiPhone 7の発表にあわせてApple Payの対応を発表しました。
 JCBと三井住友カードは、それぞれiPhone 7の発表にあわせてApple Payの対応を発表しました。
 

 JCBは「QUICPay」加盟店で、三井住友カードは「iD」加盟店でそれぞれApple Payが10月から利用可能。どちらも日本向けのiPhone 7もしくは7 Plus、Apple Watch Series 2が対応。iPhone 7/7 Plusで支払う場合はTouch IDに指を載せたまま、Apple Watch Series 2での場合はサイドボタンをダブルクリックしてからリーダーにかざす必要があります。
 
 なお、JCBは現在配信中のiOS向け「MyJCB」アプリをApple Payとシームレスに連携させると予告。アプリ経由でApple Payの利用や、利用明細確認、ポイント交換に対応。また、ポイントプログラムはプラスチックカードのものと同様に対象となり、Apple Payに登録したSuicaへのチャージに利用することもできます。
 
 一方、三井住友カードはMasterCard利用者に対しては、ウェブサイトやアプリ上でのApple Pay決済も提供すると明言しています。
 
 
文● ゆうこば

最終更新:9月29日(木)16時3分

アスキー