ここから本文です

東京エレクトロンデバイス、Azure Certified for IoTの取得支援サービス

BCN 9/8(木) 16:10配信

 東京エレクトロンデバイス(TED、徳重敦之社長)は9月7日、マイクロソフトがAzure Certified for IoTプログラム(Azure Certified)として行っているデバイスの認定制度に対し、その認定取得をサポートするサービス「Azure Certified for IoT取得支援ラボ」の提供を開始した。

 「Azure Certified」は、Microsoft AzureとデバイスをつなぐAzure IoT Hubとの接続を事前検証したデバイスに提供される認定プログラム。認定を取得した企業は、Microsoft Azureに接続できる製品を提供するマイクロソフトのパートナーとして企業ロゴが掲載され、マイクロソフトと共同でPRする機会が与えられる。認定は、OSプラットフォームと開発言語別に提供されているライブラリ(Azure IoT Device SDK)を使用して、デバイスごとに行われる。認定を取得したデバイスは、このOSと開発言語の組み合わせで開発者がアプリケーションを構築できる。

 今回、TEDが提供するのは、自社製品で認定の取得を目指す企業向けに、接続設定や認定作業を有償でサポートするもの。Azure IoT Device SDKに標準で対応しているOS・開発言語の組み合わせを対象にした「基本サポートサービス」と、SDKが未対応の組み合わせを対象にした「カスタマイズサポートサービス」の2種類を提供する。

 基本サポートサービスパックでは、Azure IoT Device SDKに対応済みプラットフォームを対象に、デバイスとAzure IoT Hubの接続を専任のエンジニアがサポートする。カスタマイズサポートサービスでは、デバイスがAzure IoT Device SDKに対応していない場合でも、個別カスタマイズで対応する。

 価格は、基本サポートサービスパックが36万円から、カスタマイズサポートサービスは個別見積もり。同社では、今回の取り組みによって年内20社30デバイスの認証を支援し、今後3年間で1000社へのAzure IoTサービスの導入を目指す。

最終更新:9/8(木) 16:10

BCN

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。