ここから本文です

『ローグ・ワン』にメダリストが集結!競泳・瀬戸&坂井の関係は「オビ=ワンとアナキンみたい」

cinemacafe.net 9月8日(木)13時0分配信

シリーズの原点である『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続くアナザー・ストーリー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。今月6日(火)、6(ロク)日=“ローグの日”ということで、六本木ヒルズアリーナにて本作の公開記念スペシャルイベントが開催された。

【画像】『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

「スター・ウォーズ」シリーズの創始者であるジョージ・ルーカスが長年温めていたアイデアに着想を得た、いままで全く語られることのなかった物語がついに映画化。本作は強い個性を持つ反乱軍による極秘チーム「ローグ・ワン」が、銀河全体を脅かす帝国軍(悪)の究極兵器「デス・スター」の設計図を奪うという決死のミッションに挑むというストーリー。

そんな不可能なミッションに挑むという物語にちなみ、この日のイベントには目覚ましい活躍と熱い“チームの力”で日本全体を勇気づけてくれた卓球男子日本代表の水谷隼、競泳男子日本代表の瀬戸大也、坂井聖人が“ローグ・ワンJAPAN”に任命され集結。

会場には約1,000人の人たちが詰め掛ける中、“ローグ・ワンJAPAN”として任命された3人はお揃いの『ローグ・ワン』JAPAN Tシャツで登場。まず水谷さんが「今日は盛り上がって行きましょう。今日はパンツ履いてます! 安心してください」とちゃめっ気たっぷりに挨拶。実は水谷さん、誕生日が6月9日で語呂がローグになることにちなみ、「これからはローグの日で覚えてもらいます」とコメント。一方の坂井さんは「昔チョコエッグに付いてくるおもちゃを全種類コンプリートしました!」と、スター・ウォーズ好きエピソードを明かした。

また、本作の“ひとりでは戦えない”というテーマにちなみ、それぞれチームの大切さについて聞かれると、瀬戸さんは「リオでは競泳が初日だったから自分たちが勝てば日本チームが盛り上がると思って頑張りました。チームで戦うことは大切なことだし、良いパフォーマンスができると思います」と仲間の支えあってこそだと語る。そして坂井さんは瀬戸さんに憧れて早稲田大学に入ったことを明かすと、瀬戸さんは「師匠と弟子のような関係。まさにオビ=ワンとアナキンみたいな関係です」とスター・ウォーズにかけてコメントしていた。

様々なエピソードを語っていたそんな中、世界一有名なあの悪役が忍び寄っていた…。「コーホー…」と不気味な呼吸音が漂う会場。ストーム・トルーパーを従え、ついに帝国の司令官であるシスの暗黒卿ダース・ベイダーが登場! “ローグ・ワンJAPAN”はダース・ベイダーに向かってライトセーバーを構え、いまにも戦いが始まりそうな雰囲気に会場は大盛り上がりとなり、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より全国にて公開。

最終更新:9月8日(木)13時16分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。