ここから本文です

「SUPER JUNIOR」イェソンのお茶目な姿も!「いきなり先生」メイキング映像公開

映画.com 9月8日(木)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 韓国の人気男性アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のイェソンと佐々木希が主演する映画「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」のメイキング映像が、このほど初披露された。ヨンウン(イェソン)とさくら(佐々木)が外国語学校の教室で出会うファーストシーンで、初共演の2人がリハーサルに臨む模様を収めている。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 「釣りバカ日誌」シリーズや「武士の献立」「愛を積むひと」などで知られる朝原雄三監督がメガホンをとったロマンティックコメディ。沖縄出張中に会社が倒産し無職となったヨンウンと、旅行会社に勤務し韓国語を習得しなければクビ確定のシングルマザー・さくらが、様々なアクシデントを通じ恋に落ちていくさまを描いた。

 映像は、撮入するイェソンと佐々木が紹介される様子からスタート。黒板に名前を書き自己紹介するイェソンだが、朝原監督の指示を聞きながらも、ハングルにハートマークを添えるお茶目な姿も。さらに黒板の文字を自ら消すなど、誠実な人柄も垣間見える内容となっている。

 また、イェソン自身初となる日本でのソロコンサート「SUPER JUNIOR-YESUNG JAPAN TOUR 2016 ~BOOKS~」(開催中)の会場内では、限定ポストカードが付属したムビチケカード(税込み1400円)が数量限定で販売されている。「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」は、11月3日から全国で公開。

最終更新:9月8日(木)10時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。