ここから本文です

ジェイミー・ドーナン、『フィフティ・シェイズ』第4弾出演を否定

cinemacafe.net 9月8日(木)13時15分配信

ジェイミー・ドーナンが『フィフティ・シェイズ』シリーズ第4弾以降の出演の可能性を否定した。

【画像】ジェイミー・ドーナン/フォトギャラリー

現在シリーズ第2、3作目となる『フィフティ・シェイズ・ダーカー』『フィフティ・シェイズ・フリード』の撮影中のジェイミーだが、4作目で主役のクリスチャン・グレイ役を演じることはないとコメントした。

「The Sun」紙にジェイミーは「僕たちは2作連続でやってるから、もうやりきった感があるんだ。『フィフティ・シェイズ』はもう永遠におしまいかな」「僕は気持ちの切り替えが早いんだ。周りから見れば僕は1つのキャラクターにはまっているように見えていても、僕自身は『よし、これは終わり』っていう気分で、次の作品へと進み始めていて、そのキャラクターについて心配しているんだよ」と語った。

昨年に公開されたシリーズ第1弾は世界で5億7100万ドル(約580億円)の興行収入をあげる大ヒットとなったが、批評的には今一つだったほか、原作者のE Lジェイムズと監督のサム・テイラー=ジョンソンとの間の不和が話題になっていた。

それを受けテイラー=ジョンソンは監督を降板しており、その後にはジェームズ・フォーリーが監督の座についている。その件についてジェイミーは「このレベルの大作では関わる全ての人たちにプレッシャーがあるものさ。サムとエリカ(ジェイムズ)だけでなく、みんなプレッシャーを感じているよ。みんな出来るだけ最高の仕事をしようとするものさ。エリカにとってこの作品は自分の子どものようなもので、誰よりも自分にとって意味があるのさ」と説明していた。


(C)BANG Media Internationals.

最終更新:9月8日(木)13時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。