ここから本文です

日本ハム大谷、自己最速タイ163キロ!逆転Vへ二刀流“試運転”上々

デイリースポーツ 9月8日(木)6時3分配信

 「日本ハム4-4ロッテ」(7日、札幌ドーム)

 立ち上がりから剛速球を連発し、スタンドの視線をくぎ付けにした。右手中指マメの影響に加え、投球フォームを崩して実戦から遠ざかっていた日本ハム・大谷翔平投手が先発で2回を2安打1失点。「それなりに手応えはありました。次は勝てるように頑張りたい」。7月24日中継ぎ以来、45日ぶりの復帰登板で改めて存在感を見せつけた。

 マウンドに上がると、大歓声で出迎えられた。初回から160キロを連発。2死二塁でデスパイネを迎えた場面では、5球目の外角直球が自己最速タイの163キロを表示。スタンドから大きなどよめきが起こった。

 球数制限が設けられた関係で、2回38球で降板した。160キロ超えはそのうち11球。三回に交代のアナウンスが流れた時には場内からため息も漏れた。短いイニングだったが、栗山監督は「前に進んでいるという感じ」と及第点をつけた。

 後半戦は野手として10本塁打を放つ活躍をしていた大谷だが、先発復帰へ向けての投げ込みも並行して行ってきた。投球後に左足が流れていたフォームの修正にも着手。この日の復帰登板ではフォーム修正の効果が出た。

 「この先は結果より内容が大事。勝てるように頑張る」。出力を上げてきた二刀流。投手でも貢献し、逆転Vをつかみ取る。

最終更新:9月8日(木)7時50分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]