ここから本文です

国連加盟に向け米でロビー活動へ…台湾の民間団体 事務総長に書簡も

中央社フォーカス台湾 9月8日(木)14時51分配信

(台北 8日 中央社)国連総会が今月19日から米ニューヨークで行われるのに合わせ、民間団体「台湾連合国協進会」が現地でロビー活動を行うことになった。すでに潘基文(パン・ギムン)事務総長あてに、加盟の正当性を訴える書簡を送ったとしている。

同会理事長の蔡明憲・元国防部長(国防相)は8日、中央社の取材に応じ、台湾の友好国をはじめとする世界に対して、台湾が国連加盟を希望していることをアピールすると意気込んだ。外交部や駐ニューヨーク台北経済文化弁事処(領事館に相当)なども協力する意向を示しているという。

また、潘事務総長への書簡については、中国大陸は2300万人の台湾人民を代表することはできないとし、国際法と国連憲章上、台湾には加盟の資格が十分にあるとのメッセージを託したとしている。

(唐佩君/編集:齊藤啓介)

最終更新:9月8日(木)14時51分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。