ここから本文です

メキシコ財務相が辞任、トランプ氏訪問で国民反発

ロイター 9月8日(木)2時54分配信

[メキシコ市 7日 ロイター] - メキシコのペニャニエト大統領は7日、ルイス・ビデガライ財務相が辞任したと発表した。後任はかつて財務相を務めたホセ・アントニオ・ミード社会開発相。

メキシコでは米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏を招待したペニャニエト大統領に対し批判が高まっており、ペニャニエト氏の側近で、トランプ氏のメキシコ訪問を中心となって進めていたとされるビデガライ氏が退任に追い込まれた格好。

ミード氏はビデガライ氏の友人でもあり、外相やエネルギー相を歴任した。

格付け会社S&Pグローバル・レーティングは前月、メキシコの債務増加を受けて格付けを引き下げる可能性があると警告しており、ミード新財務相は歳出削減の課題に直面することになる。

ミード新財務相は7日、2017年予算の最も重要な点は基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化だと指摘した。

またこれより先、地元ラジオに対し、メキシコは複雑で不安定な状況に直面していると述べた。

財務省の報道官は、フェルナンド・アポルテラ財務次官も7日に辞任したと発表した。

*内容を追加して再送します。

最終更新:9月8日(木)9時29分

ロイター