ここから本文です

ドコモら、複式学級でICTを活用した教育実証研究を実施

リセマム 9/8(木) 18:00配信

 久万高原町教育委員会とエヌ・ティ・ティ アイティ(NTTアイティ)、NTTドコモは、ドコモのLTEタブレットを少人数複式学級に配置し、授業や持帰り学習などにおける効果的な活用方法などのモデル化に向けた実証実験を実施する。

久万高原町立明神小学校

 実証実験では、久万高原明神小学校の5・6年生の児童と教員にタブレットを1人1台配備。少子化が進み、2つ以上の学年をひとつにした学級「複式学級」の学校が多くなると想定される中で、複式学級の授業での活用や児童による主体的・協働的な学習へのタブレットの活用、教員や児童のICTスキルの向上による授業の質の向上、放課後の持帰り学習での活用実態などの検証を行う。

 実施にあたり、NTTアイティの授業支援ソフトウェア「サイバー先生」を活用する。「サイバー先生」は、資料を取り込む「画面キャプチャ機能」や撮影した画像を授業コンテンツとして利用できる「端末カメラ機能」、資料を一斉もしくは個別に配信できる「資料配布機能」、児童がタブレットに手書きやスタンプなどで書き込める「手書き図形描写機能」、児童のタブレットの画面を拡大や比較して表示できる「比較表示機能」などを備えている。

 実証期間は2016年9月~2017年3月まで。全校児童数20名の久万高原町立明神小学校において、5年生8名、6年生3名、校長を含む指導教諭7名を対象に、15台のタブレットを用いて行う。NTTアイティとドコモでは今回の実証研究結果を生かし、複式学級での授業支援ソフトウェアの有効性と課題を把握し、ソフトウェアの改良や少人数での利用環境におけるLTEタブレット利用での問題点を洗い出し、有効な利用方法などを検討する。

《リセマム 外岡紘代》

最終更新:9/8(木) 18:00

リセマム