ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「十八女町」

ITmedia LifeStyle 9月8日(木)6時10分配信

 所在地は徳島県阿南市。じゅうはちじょまち? と読んでしまいそうな名前ですが「さかりちょう」と読みます。

【正解はこう読みます】

 百姓新左衛門の先祖である日下但馬守がかつて、18歳の姫を守るためにこの地域へ逃げ、開発を行ったとする伝説があることから、十八女という名が付いたという説があります。さらに古いことわざに「娘十八 番茶も出花」というものがあり、当時の18歳は女の盛り年であったため「さかり」と読ませました。

 十八女皇子神社という安産を祈願する神社があり、祭りの時期にはおみこしに付いた注連縄(しめなわ)を持って帰り、お守りにすることで安産になるといわれているようですが、少子化、過疎化の影響で、該当者が現れない年もあるようです。

最終更新:9月8日(木)6時10分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]