ここから本文です

しみず元気プロジェクト始動 企業とNPOマッチング 静岡

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月8日(木)9時33分配信

 静岡市清水区の市清水市民活動センターを指定管理しているNPOサポート・しみず(磯谷千代美理事長)は7日、寄付付き商品を活用して地域貢献したい地域企業と、支援を求めるNPOを結ぶ「しみず元気プロジェクト」を始めた。

 企業の相談に応じて寄付付き商品の開発に協力したり、寄付先を市民活動センターの利用団体などから紹介したりする。同日、市内5組のマッチングを市役所清水庁舎で発表した。

 桜田産業は「味付けのり有明デラックス」(8個入り・店頭販売価格2800円)が1セット売れるごとに50円を、障害者就労支援のNPO法人たからじまに寄付する。同社の桜田昌隆専務は「イベントを通じて以前から交流があったNPO。少しでも力になりたい」と話す。

 このほか、乾物の蒲原屋は人気商品を集めた「健康応援セット」(1080円)一つにつき100円を市里親家庭支援センターに、深沢米店は店頭販売の米「にこまる」の1キロ販売するごとに10円をNPO法人複合力にそれぞれ寄付する。自社商品や協賛金を直接贈る事業所もある。

 磯谷理事長は「地域の中で顔の見える協力関係を構築していきたい」と抱負を語った。

静岡新聞社

最終更新:9月8日(木)9時33分

@S[アットエス] by 静岡新聞