ここから本文です

卓球団体銀の丹羽、報奨金500万で「高級寝具買う」

デイリースポーツ 9月8日(木)6時2分配信

 リオ五輪卓球男子団体で銀メダルを獲得した丹羽孝希(21)=明大=が7日、東京都内のホテルで開催されたスポンサー契約を結ぶスヴェンソン主催のメダル報告会に出席。同社から贈られた報奨金500万円の使い道について、パフォーマンス向上に向けて「(いい睡眠がとれるよう)値段の張る高級寝具を買う」と明かした。

 リオ五輪の5カ月前の世界選手権団体でも丹羽は男子では39年ぶりとなる銀メダルを獲得しているが「(リオから帰国後の)8月いっぱいは毎日テレビ出演で練習ができなかったぐらい。世界選手権とは全然違う反響の大きさにびっくりした」と世間の関心の違いを実感した。

 リオ五輪前の4大会でいずれも初戦敗退し、一時は卓球を続けていく自信がなくなったというが、リオで銀メダルを手にして「東京五輪を目指す気持ちが強くなった。東京で金メダルを取りたい」と欲も出てきた。

 金メダル獲得には打倒・中国が不可欠。明大を来春卒業する予定の丹羽はプロになり、国際大会で中国トップ選手との対戦機会を増やすことで強化を図り、4年後の悲願達成につなげるつもりだ。

最終更新:9月8日(木)7時27分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。