ここから本文です

ラッシュフォードの才能は本物か…U-21指揮官「スコールズ、ベッカムらと通ずる」

GOAL 9月8日(木)14時41分配信

U-21イングランド代表を率いるギャレス・サウスゲート監督はマンチェスター・ユナイテッドに所属するFWマーカス・ラッシュフォードの才能を確信している。イギリス紙『デイリー・スター』が報じた。

ラッシュフォードはイングランド代表としてユーロ2016に参加したが、サム・アラダイス新監督の初招集メンバーからは落選したため、U-21イングランド代表メンバーに招集された。チームを率いるサウスゲート監督は数々のスター選手の名前を出し、ラッシュフォードを評価している。

「私はウェイン・ルーニー、デビッド・ベッカム、ポール・スコールズ、スティーブン・ジェラードといった選手たちのデビュー戦に立ち会ってきた。ラッシュフォードからは、彼らの挑戦を恐れない姿勢と通ずる何かを感じたよ」

そして6日、U-21デビュー戦となったノルウェー戦ではハットトリックを達成し、6-1の快勝に大きく貢献している。

GOAL

最終更新:9月8日(木)14時41分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。