ここから本文です

奥多摩でカヌー日本代表コーチらによる自然体験イベント  ディジュリドゥ演奏も /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月8日(木)9時0分配信

 JR青梅線白丸駅近くにある「白丸湖」で10月2日、カヌー日本代表コーチらによる自然体験イベントが開催される。(西多摩経済新聞)

 「東京・奥多摩 自然の中で深呼吸してリラックス!オリンピック元日本代表カヌー選手とサップ、ワールドミュージック、エクササイズ 1DAY TRIP!」と題し、奥多摩町在住の「ディジュリドゥ」演奏家・NATAさんが企画する同イベント。

 昨年、カヌー日本代表選手の応援イベントに出演したメンバーたちと出会ったことから、今年もNATAさんの呼び掛けより実現した。

 当日は、NATAさんのほか、シドニーオリンピック元日本代表カヌー選手で、現日本代表カヌーコーチの安藤太郎さん、リバーサップの日本人第一人者といわれる高畑 Yacu 将之さん、ピラティスインストラクターのRIKUさんたちにより企画内容が練られた。

 白丸湖は、日本代表選手のトレーニング場としても知られる。会場では、現日本代表カヌーコーチによる水上スポーツ指導をはじめ、オーストラリアの民族楽器「ディジュリドゥ」の演奏や体験会、ピラティス体験、青梅のユズを使った商品開発を行う東京多摩国際プロジェクトによる商品も味わえる。

 イベントスタッフは「アウトドア空間でリラックスして、呼吸と体幹を意識することを日常生活でも役立てていただければ」と話す。

 開催時間は10時30分~16時。屋内休憩場、駐車場も有り。参加費料金は、昼食、サップ、ライフジャケット、ウエットスーツレンタル込みで1万5,000円。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月8日(木)9時0分

みんなの経済新聞ネットワーク