ここから本文です

「ミュージアム」前日譚が三浦誠己主演でドラマに!WOWOWで放送

コミックナタリー 9月8日(木)8時0分配信

巴亮介原作による映画「ミュージアム」のアナザーストーリーを描くドラマ「ミュージアム -序章-」が、WOWOWほかにて放送・配信されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ミュージアム」は、雨の日にマスクを被って犯行を行う“カエル男”の連続猟奇殺人を描くサイコスリラー。原作マンガや映画ではカエル男の捜査を担当する刑事・沢村久志が、絶望的な状況に追い込まれていく様が綴られるが、ドラマ版ではそれ以前にカエル男が仕掛けた“私刑”が明らかに。カエル男に娘を誘拐されたジャーナリストの九堂仁が、“親子愛の刑”のもと理不尽な指示に追い詰められていく。

キャストとスタッフは映画とは異なり、監督は「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズや「貞子vs伽椰子」の白石晃士。主人公の九堂仁役は三浦誠己が務め、ほか川島鈴遥、森田想、細川佳央、河屋秀俊、中野英樹、奥野瑛太、宇野祥平らも出演した。なおYouTubeでは予告編も公開中。白石が得意とするPOV(主観ショット)形式を取り入れた映像も確認できる。

「ミュージアム -序章-」は10月1日よりWOWOWメンバーズオンデマンド、10月14日よりGYAO!にて全4話を配信。それを再編集し1本の作品にまとめたものが、10月13日の21時よりWOWOWシネマにて無料放送される。

三浦誠己 コメント
脚本を読んだ感想
まず、撮影する現場を想像できた部分と、想像できない部分がありました。色々な条件を満たしながら、生命の危機や人間味を尊重して、格好つけたり、邪念を抱いた佇まいを、俳優の演技として、存在として、排除できうる隙間があるなと。そして繊細で素晴らしい脚本だと思いました。

撮影時に苦労したこと、役への向き合いについて
全部です(笑)。一番苦労したのは、リアルと最低限の説明条件のサジ加減を、どの辺にするかという部分でした。役柄については、予定調和にならないように、少し危険で投げやりな、破壊的な匂いを残しながら愛情深い男にしたいなと努めました。最後の最期まで読めなくなってると思います。

カエル男という特異なキャラクターとの共演について
カエル男を理解しようとは全く思わなかったです。「どうすれば?」が常に心と体を支配してて、スピード感に付いて行けてないのが正直なキャラクターの思いだったように思います。余り探り合う隙もありませんでしたし。そういう意味では、オーソドックスなサスペンスの仕掛けや起承転結を無視できたかなと。

視聴者へメッセージ
現代の我々は沢山の映像に触れています。言い方を変えれば、現代の我々は沢山の映像に侵されています。「自撮り」「盗撮」「ドキュメント」「ニュース映像」「ドラマ」「映画」etc。演技においての方向性やジャンルも多岐に渡ってきました。まず、今現在、映像作品に侵されていて、演技に侵されて暮らしている事を皆様が感じて観て頂けたら嬉しいです。コレは挑戦映像作品です。是非!

白石晃士 コメント
愛のために、おぞましく非情なバイオレンスを実行しなければならなくなった男の悲哀を描くと同時に、愛を伝えることの美しさを描く娯楽作品を目指しました。
愛する恋人や家族を思い浮かべながら「自分だったらどうするだろう」と見ていただくと、よりハラハラして楽しめると思います。

(c)巴亮介/講談社 (c)2016映画「ミュージアム」製作委員会

最終更新:9月8日(木)8時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。