ここから本文です

【ボクシング】全日本選手権7連覇の箕輪がプロ初戦、9階級制覇を狙う

イーファイト 9月8日(木)21時56分配信

 9月21日(水)東京・後楽園ホールで開催される女子プロボクシング『DANGAN-LADIES Vol.2』の記者会見が、8日(木)都内にて行われた。今大会でプロデビュー戦を迎える元アマチュアボクシング日本代表・箕輪綾子(28=ワタナベジム)が会見に出席し、今後の抱負などについて語った。

【フォト】目標とするプロ選手の一人である江畑佳代子と並んで笑顔の箕輪

 全日本選手権7連覇、2008年世界選手権ベスト8、2012年&2015年アジア選手権銅メダルなど、箕輪はアマチュアで輝かしい実績を残している選手。8月のプロテストに合格し、今大会ではペッチパヤ・モークルンテップトンブリ(タイ)とのプロ初戦に挑む。

 デビュー戦を前に「緊張していますね」と話す箕輪だが、「ボクシングという同じスポーツではありますがプロとアマは違います。前日計量、ヘッドギア無し、8オンスのグローブなど、いろいろと違いがあるので、そこにまずは慣れたいです」と、ハキハキと意気込みを話す口調は緊張を感じさせない。
 
 戦う階級について聞かれると、「ミニフライからライトまで(計9階級)を考えています」と即答。体重コントロールに不安は無いかとの質問には、「プロになったからにはやっていきます。チャンスがあればどこでもいきます」と力強く答える。さらに9階級制覇を目標に掲げ、現場の関係者や報道陣をどよめかせた。

 プロ初戦に向けて「まずはプロとアマの違いに慣れることが第一です。選手としては、インファイトでもアウトボクシングでも、どちらのスタイルでも戦える万能型を目指したいと思います」と意気込みを話した。

最終更新:9月8日(木)21時56分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]